紀州の梅を使ったスナック菓子3商品登場

2013年01月21日 09時35分 ニュース, 社会, 経済

紀南地方に早春を告げる梅の季節を前に、菓子メーカー大手2社から「紀州の梅」を使ったスナック菓子が相次いで発売されました。

これは、きょう(21日)から発売となったカルビーの「かっぱえびせん 紀州の梅」と「じゃがりこ よろこぶ梅」、それに、今月14日から販売されているヤマザキ・ナビスコの「チップスターL(エル) 紀州の梅味」です。
「かっぱえびせん 紀州の梅」は紀州産の梅とかつお風味を合わせた、さっぱりとした味わいで、袋を開けたときに梅の香りが広がり、食欲をそそるとともに、梅の酸味とほどよい甘みがあり、おみくじ感覚で楽しめる紀州の味だけの花びらかっぱえびせんが当たり方式で入っているものもあるということです。「じゃがりこ よろこぶ梅」は、ほどよい梅の酸味と香りに昆布のうまみを加えた梅味で、相性の良い梅と昆布をネーミングにも活かした商品です。これらカルビーの2商品は、きょうから期間限定で全国で販売されます。
一方、ヤマザキ・ナビスコの「チップスターL 紀州の梅味」は、紀州産南高梅(なんこううめ)を使った和風の味で、ほのかに甘みのある酸っぱさと、ふんわり広がる梅やシソの香りが特徴で、今月14日からコンビニや量販店で販売されています。