文部科学大臣優秀教員表彰

2013年01月25日 14時17分 ニュース, 社会

今年度(2012年度)の文部科学大臣優秀教員表彰に、和歌山県からは9人の教諭が選ばれました。今月(1月)28日、東京で表彰式が行われます。

これは、学校教育で著しい成果のあった教員や、他の模範となった教員を表彰するものです。

今年度、和歌山県から選ばれたのは、小学校から5人、中学校から3人、高校から1人のあわせて9人の教員です。

このうち、みなべ町立上南部(かみみなべ)小学校の濱﨑日出海(はまさき・ひでみ)教諭は、「歌声を一日で変える」と題した他校への訪問授業を行い、音楽環境作りや感性を育てる指導方法を工夫しました。

海南(かいなん)市立巽(たつみ)中学校の坂井朋子(さかい・ともこ)教諭は、国語で「ことば」を大切にする授業を展開し、グループ学習や読解力を向上させる学習などを実践しました。

県立和歌山東高校の上西祐子(うえにし・ゆうこ)教諭は、発達障害のある生徒の指導方法の工夫や、指導体制の構築など、高校での特別支援教育推進に尽力しました。

9人の教員の表彰式は、今月(1月)28日、東京都港区のメルパルクホールで行われます。