これからの新宮市のまちづくりを考える講演会

2013年01月25日 14時20分 ニュース, 交通, 政治, 社会, 経済

昨年末(2012年)「都市計画マスタープラン」を策定した新宮(しんぐう)市は、来月(2月)10日「これからの新宮市のまちづくりを考える」と題した講演会を開きます。

これは、新宮市が「自然と人がおりなす熊野の都」をスローガンに、2020年度の完成を目指して先月(12月)策定した、新しいまちづくりの指針「都市計画マスタープラン」を多くの市民に知ってもらおうと開くものです。

講演会は2部構成となっていて、第1部は、和歌山大学経済学部教授で、和歌山放送・日曜朝の番組「経済ジャーナル」のコメンテーターも務める足立基浩(あだち・もとひろ)さんが「あなたが動けば、町は変わる! シャッター通り再生への挑戦」と題して基調講演します。

第2部ではパネルディスカッションが行われ、第1部の足立教授がコーディネーターとなって、マスタープラン策定委員会の森嶋達夫(もりしま・たつお)委員や、新宮市都市計画審議会の筒井三輝朗(つつい・みきお)委員、和歌山大学経済学部2回生の原田愛子(はらだ・あいこ)さんら5人のパネリストが、これからの新宮市のまちづくりや、住み続けたいまちづくりをテーマに活発な議論を繰り広げます。

新宮市まちづくり講演会「これからの新宮市のまちづくりを考える」は、来月(2月)10日の午後1時半から4時まで、新宮市職業訓練センターで開かれます。誰でも無料で参加出来ます。

詳しくは新宮市・都市計画係まで問い合わせて下さい。電話番号は0735(23)9353番です。