堀口記念病院の竣工記念パーティー開かれる(写真付き)

2013年01月26日 17時02分 ニュース, 社会, 経済

和歌山市の堀口整形外科病院が、
和歌山市湊本町で建設を進めていた
新しい病院施設がこのほど完成し、
きょう(26日)竣工記念のパーティーが開かれました。
堀口整形外科病院は、
和歌山県の地域医療に貢献した
故・堀口銀次郎(ほりぐち・ぎんじろう)氏が、
1955年に、
現在の和歌山市本町5丁目に開設したもので、
2011年から銀次郎氏の甥(おい)の
保田昇平(やすだ・しょうへい)氏が
理事長・院長を務めています。
そして施設の老朽化などを理由に、
移転先となる新しい病院の建設が
和歌山市湊本町で進められていて、
このほど完成したものです。
きょう(26日)の竣工記念パーティーには、
県内の医療・病院関係者らおよそ150人が出席し、
新しい病院の完成を祝うとともに、
今後の地域医療への貢献に期待を寄せました。
この中で、保田理事長・院長は
「2次救急を立ち上げ、地域医療に貢献していきます」
などと今後の抱負を述べました。
また保田理事長・院長が卒業した
近畿大学の理事長・
世耕弘成(せこう・ひろしげ)内閣官房副長官が
「2次救急を実施していただくことで、
日赤や県立医大は3次救急に集中できる。
これは地域の皆さんだけでなく
県民すべてにとってありがたいことです」などと
挨拶しました。
来月4日に移転オープンする予定の
新しい病院には150床の入院設備が備えられ、
回復期リハビリテーション病棟が
新たに設けられるほか、
4月からは
アメリカの心臓外科での勤務経験を持つ
原崎弘明(はらさき・ひろあき)新東京病院院長が、
新たに勤務し、治療に当たります。
和歌山市の堀口整形外科病院が、和歌山市湊本町で建設を進めていた新しい病院施設がこのほど完成し、きょう(26日)竣工記念のパーティーが開かれました。
和歌山市湊本町に竣工した堀口記念病院

和歌山市湊本町に竣工した堀口記念病院

堀口整形外科病院は、和歌山県の地域医療に貢献した故・堀口銀次郎(ほりぐち・ぎんじろう)氏が、1955年に現在の和歌山市本町5丁目に開設したもので、2011年から銀次郎氏の甥(おい)の保田昇平(やすだ・しょうへい)氏が理事長・院長を務めています。そして施設の老朽化などを理由に、移転先となる新しい病院の建設が和歌山市湊本町で進められていて、このほど完成したものです。
きょう(26日)の竣工記念パーティーには、県内の医療・病院関係者らおよそ150人が出席し、新しい病院の完成を祝うとともに、今後の地域医療への貢献に期待を寄せました。
鏡割りする堀口記念病院関係者

鏡割りする堀口記念病院関係者

この中で、保田理事長・院長は「2次救急を立ち上げ、地域医療に貢献していきます」などと今後の抱負を述べました。また保田理事長・院長が卒業した近畿大学の理事長・世耕弘成(せこう・ひろしげ)内閣官房副長官が「2次救急を実施していただくことで、日赤や県立医大は3次救急に集中できる。これは地域の皆さんだけでなく県民すべてにとってありがたいことです」などと挨拶しました。
来月4日に移転オープンする予定の新しい病院には150床の入院設備が備えられ、回復期リハビリテーション病棟が新たに設けられるほか、4月からはアメリカの心臓外科での勤務経験を持つ原崎弘明(はらさき・ひろあき)新東京病院院長が、新たに勤務し治療に当たります。