「ママパパライン」全国一斉電話相談はじまる(写真付き)

2013年01月28日 15時19分 ニュース, 社会

子育てに関する不安やストレスなどを抱えた親の悩みを聞く全国一斉の電話相談「ママパパライン」が、きょう(28日)から始まりました。来月(2月)2日まで行われています。

 電話で相談に応じる女性相談員(1月28日・子どもNPO和歌山県センターにて)

これは、NPO法人「子どもNPO・子ども劇場全国センター」などが、厚生労働省の後援で全国一斉に行っているものです。和歌山県でも「子どもNPO和歌山県センター」が、2003年から県や和歌山市の後援で行っていて、今回で8回目です。

子育てに悩む親のストレスが虐待の原因にもなるなど社会問題になる中、ママパパラインは、赤ちゃんや幼い子どもを育てる親の悩みや不安に耳を傾け、前向きに育児を行ってもらえるよう、電話で相談に応じるものです。

相談相手は、子育てを経験し、研修などで豊富な専門知識を持ったボランティアが引き受け、何でもじっくりと相談しやすくなっています。

初日のきょう(28日)、和歌山市の子どもNPO和歌山県センターでは、早速女性の相談員が電話で悩みを聞いていました。

子どもNPO和歌山県センターの岡本瑞子(おかもと・みつこ)センター長は「同世代の親同士で交流を持ちにくいなか、子育てで悩むママやパパは大変多いです。電話なら匿名でそっと話せて安心ですので、是非相談して欲しいです」と呼びかけています。

全国一斉子育て応援電話相談「ママパパライン」は、きょう(28日)から来月2日までの6日間開設されます。

受付電話番号は073(432)3690番です。受付時間は期間中の午後1時から午後4時までです。

また子どもNPO県センターでは、期間中以外でも、毎週火曜日の午後1時から午後4時の間「ママパパラインわかやま」の電話相談を開設しています。