ニタマ駅長 和歌山市観光特別大使「アゼリニャ」就任(写真付き)

2013年02月07日 14時03分 ニュース, 交通, 社会, 経済

駅長就任1周年を迎えた、和歌山電鐵貴志川線・伊太祈曽(いだきそ)駅のニタマ駅長が、和歌山市観光特別大使・アゼリニャを委嘱され、きょう(7日)、式典が開かれました。

P1040320

「アゼリニャ」を委嘱され「アゼリア」とお揃いのピンクの帽子をかぶるニタマ

式典は、きょう(7日)午前11時から、和歌山市の貴志川線・伊太祈曽(いだきそ)駅前で開かれ、和歌山市の大橋建一(おおはし・けんいち)市長や和歌山電鐵の小嶋光信(こじま・みつのぶ)社長らが出席しました。

大橋市長から、「和歌山市観光特別大使・アゼリニャ」の委嘱状を渡された、ニタマ駅長は「ニャー」と答え、和歌山市観光キャンペーンスタッフ「アゼリア」とお揃いのピンクの帽子をかぶると、満足そうな様子でした。和歌山電鐵の小嶋社長は「多忙な『たま』駅長と共に職務に励んでくれて、貴志川線の発展に貢献してくれている。一層の活躍を期待している」とニタマに賛辞をおくりました。

ニタマは、去年(2012年)2月に、貴志川線・伊太祈曽(いだきそ)駅の駅長に就任し、貴志駅のたま駅長の部下としても活躍しています。月、火、金、土曜日に伊太祈曽(いだきそ)駅、日曜日は貴志駅で、それぞれ、駅長または駅長代行として、午前10時から午後4時まで勤務しています。