有田みかん海道マラソンに844人が参加

2013年02月10日 13時55分 ニュース, 社会, 経済

西有田県立自然公園内を駆け抜ける「2013有田みかん海道(かいどう)マラソン」がきょう(10日)行われ、10キロのマラソンの部と7㎞のウォーキングの部にあわせて844人が参加しました。

催しは毎年この時期に行われているもので今年で5回目です。参加者は有田市宮崎町のマツゲン有田球場をスタート・ゴールに、みかん畑の広がる高低差150メートルの起伏の激しい山道で健脚を競いました。きょう(10日)の有田市は青空が広がり、紀伊水道と湯浅湾を一望できるポイントでは足を止めてカメラのシャッターを切る姿も見られました。イベント会場には、箕島漁港で水揚げされるハモを使った団子汁が振る舞われたり、地元特産品の販売もあって人気を集めました。

大会には、吉本興業所属で和歌山住みます芸人のわんだーらんどと、大阪住みます芸人のspan!(スパン)の両コンビをゲストランナーに迎えて順位を競う企画もあり、わんだーらんどの谷坂俊輔さんが勝って大会を盛り上げました。