水軒の浜に松を植える活動が完成へ

2013年02月10日 20時05分 ニュース, 交通, 社会, 経済

水軒の浜に松を植える活動が完成へ
2013/02/10/花井
遠浅の海と松林の美しさで知られた
和歌山市西浜の「水軒の浜」を
よみがえらせようという市民活動が、
今年でまる5年を迎えました。
きょう(10日)は、和歌山県の仁坂吉伸知事や
和歌山市の大橋建一市長も参加して
松の植樹が行われました。
あさって(12日)地元の中学生による活動で
当初の計画が終わり、南北1,7キロの整地と
松の植樹が完了します。
地域住民の有志らで結成された
「水軒の浜に松を植える会」が
水軒堤防と南海和歌山港線の廃線跡で
2008年1年から活動を始め、
地元の西浜中学校の生徒やボランティアらとともに
粗大ゴミの撤去や整地、松の苗木の植樹などを
行ってきました。
あわせて遊歩道を整備したり
南側にはドッグランやスポーツ砂場、
北側にはこのほどフィールドアスレチックも
整備され、
南北に水軒公園の看板も設置されました。
水軒の浜に松を植える会は、
江戸時代の石垣が残る水軒堤防の
美化に取り組んだことで
先月、和歌山市の文化奨励賞を受賞しました。
会では今後も水軒堤防の整地や松などの
維持管理を続けていくことにしています。
今月23日には桜の苗木の植樹も行ったり、
来月2日から3日にかけては
全国で松林の復活に取り組む人たちを集めて
白砂青松(はくさせいしょう)再生の会を開きます。
(了)
遠浅の海と松林の美しさで知られた和歌山市西浜の「水軒の浜」をよみがえらせようという市民活動が、今年でまる5年を迎えました。
きょう(10日)は、和歌山県の仁坂吉伸知事や和歌山市の大橋建一市長も参加して松の植樹が行われました。あさって(12日)地元の中学生による活動で当初の計画が終わり、南北1,7キロの整地と松の植樹が完了します。地域住民の有志らで結成された「水軒の浜に松を植える会」が水軒堤防と南海和歌山港線の廃線跡で2008年1年から活動を始め、地元の西浜中学校の生徒やボランティアらとともに粗大ゴミの撤去や整地、松の苗木の植樹などを行ってきました。あわせて遊歩道を整備したり南側にはドッグランやスポーツ砂場、北側にはこのほどフィールドアスレチックも整備され、南北に水軒公園の看板も設置されました。水軒の浜に松を植える会は、江戸時代の石垣が残る水軒堤防の美化に取り組んだことで、先月、和歌山市の文化奨励賞を受賞しました。会では今後も水軒堤防の整地や松などの維持管理を続けていくことにしています。今月23日には桜の苗木の植樹も行ったり、来月2日から3日にかけては全国で松林の復活に取り組む人たちを集めて「白砂青松再生の会」を開きます。