築野食品工業会長の社葬

2013年02月19日 18時20分 ニュース, 社会

先月30日に、93歳で亡くなった、かつらぎ町の築野食品工業会長の築野政次(つの・まさじ)さんの社葬が、きょう(19日)午後、かつらぎ町の総合文化会館 あじさいホールで営まれました。

社葬は、高野山金剛峯寺の松永有慶座主の導師で営まれ、仁坂吉伸県知事、日本植物油協会会長で日清オイリオグループ会社社長の今村隆郎(いまむら・たかお)さんら4人がそれぞれ弔辞を読み上げました。社葬には、築野会長と交流のあったおよそ1200人が参列しました。

喪主の築野富美(つの・ふみ)築野食品工業社長は「父は企業人であると同時に信仰の人でした。ご本山皆様に御読経を賜りこの上なき冥福、身に余る光栄と思っていることと存じます。会長は、従業員は家族と思っておりましたので、いつまでも、工場にとどまって、会社の未来を見守りたいとの思いを強くしているものと思います」と参列者の前であいさつしました。