紀の川市・327億円あまりの新年度予算案

2013年02月22日 16時44分 ニュース, 交通, 政治, 社会, 経済, 防災

一般会計で総額327億円あまりとなる、紀の川市の新年度(2013年度)予算案が、きょう(22日)開会の定例市議会に提案されました。

一般会計の当初予算はおよそ327億2千万円で、前の年度と比べて、率にして1・7%、金額ではおよそ5億6千万円少なくなっています。

歳入は、市税収入が落ち込む一方で、合併特例債などを算入して対応します。

歳出は、新庁舎建設事業が完了したことから、普通建設事業費が前の年度より27・5%下回る、60億6千万円あまりとなっています。

主な事業は、竜門(りゅうもん)小学校の耐震補強工事におよそ3900万円、老朽化した橋の修繕工事におよそ3200万円、また、国体会場となる打田(うちた)総合スポーツ公園の整備に20億6400万円が、それぞれ計上されています。

中村慎司(なかむら・しんじ)市長は「安全・安心なまちづくりを最重点に置くとともに、健全な財政運営に取り組む」と話しています。