近畿大生ら、大阪で近大マグロを試食

2013年02月26日 21時43分 ニュース, 社会, 経済

この春、大阪の梅田に近畿大学が養殖したマグロなどを提供する店舗がオープンします。きのう(26日)この店で、店舗づくりなどを担当する近畿大学生らに、水産研究所」から提供されるマグロなどを試食する会が開かれました。

この店は、大阪・梅田の「うめきた・グランドフロント大阪」のナレッジキャピタルにオープンする予定で、店舗運営するサントリーダイナミックが、店舗の食器などのデザインやメニュー開発を担当する近畿大学生に参考にしてもらおうと試食会を開きました。試食会には、芸術を学ぶ文芸学部や農学部・食品栄養学科の学生のほか指導教員らが参加しました。参加した学生は、和歌山県にある水産研究所で養殖された近大マグロの刺身など、およそ10品目の料理を、それぞれの思いを胸に試食しました。近畿大学は、この店舗運営のさまざまな場面をとらえ、学生に実学を指導していくことにしています。