串本町長選・現職田嶋氏が無投票再選・町議選は激戦

2013年04月09日 17時28分 ニュース, 政治, 社会

任期満了に伴う串本町長選挙が、きょう(9日)告示され、無所属の現職で2期目の当選を目指す田嶋勝正(たしま・かつまさ)候補54歳以外に立候補の届け出はなく、田嶋氏の無投票当選が決まりました。

当選した田嶋氏は、1989年に旧・串本町議会議員に初当選し、1998年10月から旧・串本町長を2期務めました。その後、2005年5月、旧・串本町と旧・古座町(こざちょう)の合併に伴う新・串本町長選挙で落選しましたが、2009年4月の町長選挙で返り咲きました。

田嶋氏は、災害に強いまちづくりをはじめ、医療や福祉の充実にも取り組む意向を示しています。

また、今回から定数が3つ減って15となった町議会議員選挙もきょう告示され、現職15人、新人6人、元職1人のあわせて22人が立候補する激戦となりました。

党派別では、共産が2人のほかはすべて無所属です。

町議会議員選挙の投票は、今月(4月)14日の午前7時から午後7時まで、町内30の投票所で行われます。

開票は午後8時半から串本町立体育館で行われます。

また、期日前投票は、あす(10日)から13日まで、串本町役場本庁舎・別館1階会議室と、古座(こざ)分庁舎・1階ロビーで、いずれも午前8時半から午後8時まで受け付けます。

串本町のきのう(8日)現在の選挙人名簿登録者数は1万5869人です。