海南市の神出市長、3選の喜びの声

2013年04月14日 19時40分 ニュース, 政治

任期満了に伴う海南市長選挙で、無投票で、3回目の当選を決めた神出政巳(じんで・まさみ)市長は、支持者らを前に、当選を喜びました。

当選を喜ぶ神出市長(右)

当選を喜ぶ神出市長(右)



当選が決まった神出市長は、支持者らとともにバンザイをして当選を喜び、「きょう一日で、160キロを駆け回った。市民が望んでいるのは、南海トラフ大地震への備えで、安心安全のまちづくりに取り組みたい」と防災面への積極的な取り組みを強調、懸案の市庁舎の建て替えについても意欲を示しました。また、若者の雇用促進を進めたいと、3期目への抱負を語りました。