JR 連休中の「くろしお」指定席予約は前年同期比5%アップ

2013年04月20日 14時49分 ニュース, 交通, 社会, 経済

大型連休期間中、JR紀勢線の特急「くろしお」の指定席の予約状況は、全ての座席の25%となっていて、去年(2012年)の同じ時期と比べて105%となっています。

JR西日本・和歌山支社が今月(4月)18日現在でまとめたところによりますと、今月26日から来月(5月)6日までの大型連休期間中、特急「くろしお」の指定席の予約状況は、白浜・新宮方面、新大阪・京都方面ともおよそ1万4千席が予約済みで、白浜方面が去年と比べて103%、新大阪方面が去年と比べて107%となり、全体では去年と比べて105%となっています。

白浜方面は、今月27日のくろしお7号と、来月3日のくろしお3号の指定席が、残りわずかとなっているほか、新大阪方面は、今月29日のくろしお26号の指定席が、若干余裕がある状態になっています。

JRでは、予約のピークは、白浜方面が今月27日と来月3日、新大阪方面が今月29日と来月5日とみていて、早めの予約と購入を呼びかけています。

また大型連休期間中は臨時列車の運転も行われ、定期列車より指定席が比較的とりやすいことから、あわせて利用を呼びかけています。