和歌山市内で65才の男性襲われる

2013年05月06日 20時04分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

きょう(6日)夕方、和歌山市内の路上で、65歳の男性が、乗用車から降りてきた男2人に、突然車内へ押し込められそうになり、かすり傷を負いました。しかし、男性の抵抗で、男らは現場から逃走し、和歌山東警察署が暴力行為と傷害事件で捜査しています。

きょう午後5時前、和歌山市岩橋(いわせ)に住む65歳の無職の男性が、自宅近くの駐車場で洗車を終えて戻ろうとしたところ、ワンボックスタイプの乗用車が近づき、車内から降りてきた男2人に大声で「乗れ」、「殴るぞ」などと叫ばれ、突然車内へ押し込められそうになりました。
しかし、男性が抵抗したため、男らは現場から逃走、男性は、その際、かすり傷を負いました。

警察によりますと、乗用車は白っぽい色で、男2人はいずれも作業着のような服装だったということです。また警察は、2人の他に、運転手役の共犯者もいるとみて、暴力行為と傷害の疑いで行方を捜査しています。

現場は、紀伊風土記の丘(きいふどきのおか)西側の住宅地です。