花王和歌山工場が和歌山市に教育寄付金を寄贈(写真付)

2013年05月09日 18時28分 ニュース, 社会

和歌山市の花王和歌山工場は和歌山市内の公立中学校の音楽教育を充実するための寄付金を寄贈していますが、きのう(8日)和歌山市役所でファミリーコンサートの収益金およそ118万円を寄贈しました。
感謝状と目録を持つ森村工場長(左)と原教育長
式で森村元博(もりむら・もとひろ)工場長が「どうぞ、音楽教育にお役立てください。」と目録を贈り、和歌山市の原一起(はら・かずき)教育長が「現場に何が必要かを聞いて活用していきます。」と応えました。
寄付されたお金は和歌山市内の公立中学校の授業や部活動で使う音楽機器の購入に充てられるということです。
花王は今回を含めて3回、音楽教育の充実を目的とした寄付金を寄贈していて総額はおよそ380万円に達しています。