第2回マスターズ賞に10人 和歌山マスターズクラブ(写真付き)

2013年05月09日 19時41分 ニュース, 社会, 経済

中高齢者にスポーツの魅力を広めようと、県内の競技団体が集まり結成した「和歌山マスターズクラブ」が、きょう(9日)、和歌山市で、マスターズスポーツの発展に貢献した人を表彰する「マスターズ賞」の授賞式を開きました。

P1010988

ベテランアスリート10人にマスターズ賞が贈られた

賞を受けたのは、マスターズ陸上棒高跳(ぼうたかとび)の第一人者で、和歌山市の関(せき)めり子さん64歳ら10人です。表彰式で関さんは「体調を整えて競技に臨んで、50歳以上の選手が参加する、ゴールドマスターズオリンピックの開催と出場を目指します」と更なる飛躍を誓いました。

和歌山マスターズクラブは、おととし(2011年)10月に、和歌山マスターズ陸上競技連盟や県水泳連盟などが参加して発足した団体で、「マスターズ賞」の授与や、元気に競技を続けるための講演会を開催しています。