和歌山県選出衆議院議員の資産公開

2013年05月27日 18時08分 ニュース, 政治, 社会

去年(2012年)12月の衆議院総選挙で当選した衆議院議員の資産が、きょう(27日)公開されました。議員1人当たりの資産は平均3228万円で、前回・2009年の総選挙後と比べて、76万円増えました。

このうち、和歌山県選出の議員は、和歌山1区で民主党の岸本周平(きしもと・しゅうへい)議員は1581万円、和歌山2区で自民党の石田真敏(いしだ・まさとし)議員は1293万円、和歌山3区で自民党の二階俊博(にかい・としひろ)議員は3899万円です。

また、比例近畿ブロックでは、自民党の門博文(かど・ひろふみ)議員が764万円、日本維新の会の阪口直人(さかぐち・なおと)議員が700万円となっています。