春の近畿高校軟式野球大会の和歌山代表に新宮高校

2013年05月27日 19時13分 ニュース

春の近畿地区高校軟式野球大会の和歌山県予選の決勝がきょう(27日)、和歌山市の県営紀三井寺球場で行われ、新宮高校が2対0で南部高校を破り、2年ぶり19回目の優勝を果たしました。新宮高校は、来月6日から京都で行われる近畿大会に和歌山代表として出場します。

この近畿大会の組み合わせがきょう(27日)、決まり、和歌山県代表の新宮高校は、大会初日の来月6日午後2時から京都の太陽が丘第1野球場で大阪の阪南大学高校と対戦することになりました。

この大会は、近畿2府4県から10校が出場して今月6日から9日までの日程で行われます。順調に進めば、決勝は9日の午前10時から行われます。

(了)