和歌山トライアンズにリーグ初の学生プロ誕生

2013年05月31日 19時08分 ニュース, 社会

バスケットボール男子・ナショナルリーグの和歌山トライアンズはきょう(5/31)、関西学院大学1年の木下勲(きのした・いさお)氏19歳と選手契約に基本合意したと発表しました。

和歌山トライアンズによりますと、日本のトップリーグでは、現役の大学生がプロバスケットボール選手になるのは初めてだということです。

木下選手は西宮市出身で、兵庫県の関西学院高等部に在学中、全国高校総体に2度出場していて、「新しい環境での新しいチャレンジ、現役大学生としてトップリーグでプレーするという、まだ誰も成し得ていない試みを成し遂げたい」とコメントしています。