白浜駅で9日「こども一日駅長体験」

2013年06月07日 19時11分 ニュース, 社会, 経済

JR西日本・和歌山支社は、あさって(9日)JR白浜駅で、「子ども一日駅長体験」と銘打ち、4歳の男の子を一日駅長に任命して、駅長の仕事を体験してもらうイベントを開きます。

これは、去年(2012年)の秋からJRで行われている「白浜パンダキャンペーン」に応募した子どもの中から、抽選で大阪府内に住む4歳の男の子を招待して、一日白浜駅長に任命するものです。

当日は、午後1時15分に一日駅長の任命式が行われるほか、男の子に社員とおそろいの子供用制服を着てもらい、案内放送や特急くろしおの見送りなど、駅長の仕事を体験してもらいます。

また、特急くろしおの車内ツアーや白浜駅構内ツアーなども行われます。

イベントには、和歌山県の観光PRキャラクター「わかぱん」も登場し、「わかぱん駅長」として盛り上げることになっています。

JR西日本・和歌山支社では「かわいい子ども駅長さんを是非見に来て欲しい」と呼びかけています。

子ども駅長一日体験は、あさって(9日)の午後1時15分から3時まで、JR白浜駅と駅の周辺で行われます。