高野山でベトナム国立交響楽団の奉納演奏会

2013年06月08日 18時29分 ニュース, 社会, 経済

日本とベトナムの国交樹立40周年を記念して、きょう(8日)午後、高野山でベトナム国立交響楽団「ベトナムの蓮」弦楽四重奏団の奉納演奏会が開かれました。

これは、国交樹立40周年を記念するとともに、東日本大震災と福島第1原発事故へのベトナム各地からの募金活動に対するお礼を兼ねて、さらに友好親善を深めようと開かれたものです。

高野山奉納演奏会の会場となった壇上伽藍の金堂には、荘厳な雰囲気の中でベトナム国立交響楽団の4人の女性奏者が民族衣装のアオザイを着て、バイオリン・ビオラ・チェロでモーツアルトの「弦楽四重奏曲」やベトナム民謡、それに日本の「赤とんぼ」などを演奏すると、およそ300人の観客から盛んな拍手が送られていました。