市役所食堂がリニューアルオープン(写真付)

2013年06月17日 18時57分 社会, 経済

厨房施設の老朽化の為、ことし(2013年)3月から休業していた和歌山市役所14階の食堂がきょう(17日)、リニューアルオープンし、和歌山市では「観光地の1つにしたい。」と意気込んでいます。
レストランから眺めることのできる景色

リニューアルした食堂では、窓際に8つのカウンター席が設置され、和歌山市内の景色を楽しめるようになったほか、梅酢が入った飼料で育てられた
紀州梅どりのバターカレーや熊野牛を使った牛丼などの和歌山県産の材料にこだわったオリジナルメニューが開発され、食堂で食べることができます。

和歌山市職員厚生課福利班の瓜生田有三(うりうだ・ゆうぞう)班長は「景色が抜群ですので、ぜひ家族で来て下さい。」と来店を呼びかけていました。
営業時間は平日の午前10時から午後5時までで、ランチタイムは午前11時から午後2時までです。