婚外子相続差別、7月に最高裁で弁論

2013年06月23日 17時33分 ニュース, 政治

結婚していない男女間の子=婚外子(こんがいし)の遺産相続分が、結婚している夫婦の子の半分と決まっているのは、「『法の下の平等』に反し、憲法違反ではないか」を争う裁判の弁論が、来月(7月)10日、最高裁大法廷で開かれます。   >[記事全文]