【大雨】和歌山県はこれから夕方にかけて有田・日高地域中心に大雨

2013年06月26日 15時04分 社会, 防災

和歌山地方気象台によりますと、和歌山県北部では、きょう夕方にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨の降るおそれがあり、土砂災害や浸水害、河川のはん濫に警戒するよう呼びかけています。

和歌山県上空には、梅雨前線に向かって温かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発となっていて、午前11時現在の観測では、和歌山県に発達した雨雲がかかり、有田川町付近では、1時間に60ミリの非常に激しい雨が解析されています。

この後も引き続き、有田・日高地域の紀中を中心に局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、きょう夕方にかけて大雨となるおそれがあり、気象台では、土砂災害や浸水害、河川のはん濫に警戒するよう呼びかけています。

きょう和歌山県で降る雨の量は、多いところで、北部、南部ともに1時間に70ミリの非常に激しい雨となる見込みで、きょう正午からの24時間雨量は、多いところで、北部、南部ともに150ミリに達する見込みです。

また、和歌山県では、今夜遅くにかけて局地的に積乱雲が発達する見込みで、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。気象台では、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物の中に移動するなど安全確保に務めるよう呼びかけています。