「平和大好きウォーキング&マラソン大会」7日開催

2013年07月04日 16時25分 ニュース, 社会

和歌山大空襲を語り続け、二度と戦争のない国にしようという祈りを込めて市民ランナーが走る「平和大好きウォーキング&マラソン大会」が、今月(7月)7日、和歌山市の市民スポーツ広場で開かれます。これは、実行委員会の主催で行われているもので、今回で24回目となります。

和歌山大空襲は、1945年(昭和20年)7月9日の深夜から早朝にかけて、アメリカ軍の戦闘機B29が和歌山城や市内中心部に焼夷弾による爆撃を行ったもので、死者およそ1200人、行方不明者およそ3000人、和歌山城をはじめ3万戸あまりの家屋が焼失し、11万人あまりが被災しました。

実行委員会では、和歌山大空襲の記憶を絶やさず、戦争や核兵器のない世界への祈りを、マラソンやウォーキングを通じて多くの市民と共有しようと、毎年和歌山大空襲の日の近くに大会を開いています。

今回は和歌山市の市民スポーツ広場を発着点とする、紀の国大橋と紀ノ川大橋の間の紀ノ川土手を舞台に、事前の募集で集まった市民ランナーおよそ300人が、平和への思いを込めて走りやウォーキングを繰り広げます。

なお、この大会は順位やタイムを取らず、午前10時のスタートから正午のゴールまでの2時間、それぞれが自由に歩いたり走ったり出来ます。

スターターには、「受験生ブルース」で有名なフォーク歌手でマラソンランナーの高石ともやさんを迎えます。

第24回「平和大好きウォーキング&マラソン大会」は、7日、和歌山市の市民スポーツ広場で開かれ、午前9時20分に開会式が行われます。