「紙粘土で作ろう!おいしい果物!野菜!」参加募集

2013年07月09日 19時17分 ニュース, 社会

夏休み中の小・中学生を対象にした、紙粘土を使った果物や野菜の造形教室が、来月(8月)4日、和歌山市の県民文化会館で開かれることになり、県では参加者を募集しています。

これは、県・美術展覧会の関連事業として開かれるアートワークショップです。

今回は「紙粘土で作ろう!おいしい果物!野菜!」と題して、講師に、湯浅町在住の彫刻家で二科会会員の橋本和明(はしもと・かずあき)さんを迎え、紙粘土を使って、日頃食べている野菜や果物の造形を学びます。

8月4日の当日は、午前10時からと午後1時からの2回開かれます。

参加出来るのは小・中学生で、定員は午前・午後ともにそれぞれ20人、参加費はひとり500円です。

申し込み方法は、県庁・文化国際課の文化振興班に「アートワークショップ参加希望」と明記して、住所や年齢、電話番号など必要事項を書いて、今月(7月)22日必着で申し込みが必要です。応募が多数の場合は抽選になります。

なお、小学校低学年は保護者の同伴が必要です。

出来上がった造形は、ことし10月12日から14日に開かれる予定の第67回県・美術展覧会のプレ展示会に展示されます。

詳しくは、県・文化振興班まで問い合わせて下さい。電話073(441)2050です。