夏の高校野球・第4日結果

2013年07月15日 19時02分 ニュース, 社会

夏の高校野球和歌山大会・大会4日目のきょう(15日)、2回戦3試合が行われ、南部(みなべ)と神島(かしま)、それに近大新宮が勝って3回戦に進みました。

第1試合、笠田(かせだ)対南部は、1回表、笠田が、南部の先発2年生の松田を攻め、5番キャプテンの入来院(いりきいん)がセンター前タイムリーを放ち1点を先制します。

しかし、南部は2回裏、ワイルドピッチで1点を奪い同点に追いついたあと、2番葛城(かつらぎ)のセンター前タイムリーなどで4点をとり、その後も3回裏と6回裏にも1点ずつをとって笠田を突き放します。

8回表、笠田がタイムリーツーベースで1点を返しましたが追加点はならず、シード校の南部が笠田を6対2で下し、3回戦進出を決めました。

勝った南部は、大会9日目第1試合で紀央館(きおうかん)と田辺の勝者と対戦します。

第2試合、神島対伊都(いと)は、神島が2回表、6番樫山(かしやま)のタイムリーヒットで先制した1点を守りきりました。

勝った神島は、大会9日目第2試合で和歌山工業と新翔の勝者と対戦します。

第3試合、近大新宮対星林(せいりん)は、3対3の同点で今大会初の延長戦にもつれ込んだ11回表、ワンアウト満塁のチャンスで、近大新宮・1番東(ひがし)のレフト前タイムリーヒットで4対3と勝ち越しました。

星林は2アウト2塁・1塁と一打サヨナラのチャンスを作りますが、近大新宮の橋野が抑え、シード校の近大新宮が競り勝ち3回戦へ進みました。

勝った近大新宮は、大会9日目第3試合で、串本古座と日高中津の勝者と対戦します。

大会5日目のあす(16日)は、第1試合が熊野対日高、第2試合が和歌山西・北連合チーム対シード校・箕島、第3試合が那賀(なが)対慶風(けいふう)の3試合が予定されています。