夏の高校野球・5日目結果

2013年07月16日 17時13分 ニュース, 社会

夏の高校野球和歌山大会は、大会5日目を迎え、日高、箕島、那賀の3校が勝って3回戦にコマを進めました。

第1試合の日高 対 熊野は、中盤に効果的に得点を重ねた日高が、粘る熊野を振り切り、8対4で勝ちました。勝った日高は、大会10日目の第1試合で貴志川と南部龍神の勝者と対戦します。

第2試合の箕島 対 和歌山西・北連合チームは、シード校の箕島が、和歌山西・北連合チームを8対0の7回コールドで破りました。和歌山西にとっては、最後の夏でしたが、勝利には届きませんでした。勝った箕島は、大会10日目の第2試合で和歌山商業と耐久の勝者と対戦します。

第3試合は、去年の大会準優勝の那賀と慶風との対戦となりましたが、投打ともに圧倒した那賀が、9対0の7回コールド勝ちで3回戦に進出しました。勝った那賀は、大会10日目の第3試合で紀北農芸と向陽の勝者と対戦します。

大会6日目のあすは、第1試合が、紀北工業 対 初芝橋本、第2試合が、田辺 対 紀央館、第3試合が、新翔 対 和歌山工業となっています。