夏の高校野球大会6日目結果

2013年07月17日 18時26分 ニュース, 社会

夏の高校野球和歌山大会はきょう(7/17)、大会6日目を迎え、紀北工業と紀央館、和歌山工業の3チームが3回戦進出を決めました。

第1試合の紀北工業 対 初芝橋本は、序盤の4点を守った紀北工業が6対3で初芝橋本を下しました。勝った紀北工業は、大会8日目の第3試合で智弁和歌山と対戦します。

第2試合の田辺 対 紀央館は、今大会2度目の延長戦に入り、紀央館が延長10回、5対4でサヨナラ勝ちしました。勝った紀央館は、大会9日目の第1試合で南部と対戦します。

第3試合の新翔 対 和歌山工業は、1点を争う緊迫した投手戦を制した和歌山工業が、2対1で新翔を下して3回戦進出を決めました。勝った和歌山工業は、大会9日目の第2試合で神島と対戦します。

大会7日目のあすは、第1試合が、串本古座 対 日高中津、第2試合が、貴志川 対 南部龍神、第3試合が、和歌山商業 対 耐久となっています。