吉本タレントらが知事を訪問(写真付)

2013年09月11日 18時50分 ニュース, 政治, 社会

今月(9月)23日に和歌山市の県営紀三井寺公園野球場で行われる紀州レンジャーズとよしもと芸人チームのエキシビジョンマッチを前にこの試合に出場するタレントや紀州レンジャーズの選手らがきょう(11日)午後、和歌山県の仁坂吉伸知事を訪問し、試合のPRを行いました。

知事室を訪問した高山さんや紀州レンジャーズの選手ら

知事室を訪問した高山さんや紀州レンジャーズの選手ら


きょう午後4時に県庁知事室を訪れたのは漫才師ケツカッチン、高山トモヒロさんと山田スタジアムさん、それに紀州レンジャーズの石井毅(いしい・たけし)監督で、ケツカッチンの高山さんが「この話が決まってから毎日素振りをしている」と試合への想いをアピールすると仁坂知事は石井監督に「叩き潰さないといけませんね」と話し、笑いを誘っていました。

また、石井監督が箕島高校のユニフォームを着て、先発すると明かすと高山さんと山田さんは「では僕たちは星稜高校のユニフォームを着て戦います。」と応戦していました。

訪問した後、高山さんは「石井監督が投げるということなのでそこだけは本気で戦おうと思っています。笑いあり、真剣勝負ありで楽しいイベントにします」と話し、山田さんは「小さい子供たちに野球の楽しさを感じてもらえればと思います」と来場を呼び掛けていました。

国体PR企画「紀州レンジャーズPlus対よしもと芸人“SAKURA”」は今月23日の午前11時半から県営紀三井寺球場で行われ、よしもと芸人チームにはきょうの2人のほかにシャンプーハットの小出水直樹(こいでみず・なおき)さんやミサイルマンの2人が参加するほか、紀州レンジャーズには和歌山放送パーソナリティーの藪下将人(やぶした・まさと)さんら和歌山のミュージシャンが参加し、会場を盛り上げることになっています。