和歌山トライアンズ・パブリセヴィッチHCがラジオ生出演

2013年09月12日 13時33分 ニュース, 社会

和歌山を本拠地に誕生した、プロバスケットチーム 和歌山トライアンズのヘッドコーチに就任した、ジェリコ・パブリセヴィッチさんが、きょう(12日)午前、和歌山放送の番組「情報ワイド・きいハンター」に生出演してチームへの応援を呼びかけました。

 

和歌山放送の番組に生出演したパブリセヴィッチさんは、身長194センチの長身で、中川智美アナウンサーの質問に通訳を通じて、体重は言わないと周囲の笑いを誘いました。そしてチームについて、有力な新しいメンバーを紹介し、「猛練習を重ねて期待に応えられるチーム作りをするので、皆さんの声援をお願いしたい」と呼びかけました。また放送では和歌山について、「自然の豊かなところで気に入っている、食べられなかった魚料理にも少しづつ慣れてきた」と最近の心境を語りました。和歌山トライアンズは、日本プロバスケットリーグのパナソニック・トライアンズの休部に伴い和歌山を本拠地にするプロバスケットチームに生まれ変わりました。そして、ヘッドコーチにクロアチア出身のパブリセヴィッチさんが就任しました。チームは和歌山市のノーリツアリーナ和歌山と和歌山ビッグホエールをホームアリーナに転戦します。