【台風関連】新たに土砂災害情報 和歌山県内8市町に拡大

2013年09月16日 00時16分 ニュース, 社会

台風18号による大雨で土砂災害の危険度が高まっているとして、和歌山地方気象台はさきほど土砂災害警戒情報の対象地域を広げました。

新たに対象となったのは、御坊市、美浜町、日高町、印南町、日高川町で、気象台では、崖の近くなど土砂災害の発生しやすい地域の住民に対し、早めに避難するよう呼びかけています。

土砂災害警戒情報は、これまでに田辺市と新宮市、それに那智勝浦町にも出されていて、今回の発表で、対象地域は、8つの市と町に広がりました。

気象台は、市町村から発表される避難勧告などの情報に注意するよう呼びかけています。