県立医大大学院に専門看護師育成コース開講(写真付)

2013年09月18日 19時18分 ニュース, 社会

がん看護の専門看護師を育成するコースが来年(2014年)春、和歌山県立医科大学大学院で開講されることになり、きょう(18日)報道陣に発表されました。
専門看護師コースが県内の学校に設立されるのは初めてです。

コース開講の説明をする医大大学院山田科長

コース開講の説明をする医大大学院山田科長


この構想はおよそ1年前から学内で検討されていたもので、ことし(2013年)7月に一般社団法人日本看護系大学協議会にがん看護専門看護師の教育課程の認定申請を行っていました。

今後、予定通り申請が認められると来年4月にがん看護専門看護師コースを開講することができます。

このコースに入学すると日本看護協会が認定する特定の専門看護分野の知識や技術を深めた看護師=専門看護師の認定審査の受験資格を得ることができるということです。

出願資格審査は今月(9月)24日から26日までで、出願期間は来月(10月)21日から23日まで、試験日は11月9日で、出願資格は実務経験が5年以上あり、3年以上がん看護をしたことがある看護師です。

定員は2人で3年間の履修で専門看護師の受験資格が得られるということです。

日本看護協会によりますと全国に専門看護師として認定された看護師はおよそ1000人いますが、そのうち和歌山県内には5人しかおらず、近畿では最も少なくなっています。