8月の県内の有効求人倍率発表

2013年10月02日 18時47分 ニュース, 社会, 経済

厚生労働省和歌山労働局はきのう(1日)、和歌山県の8月の有効求人倍率を発表しました。

それによりますと有効求人倍率は0・88倍と前の月より0・01ポイント下がり、8月の求人のみを対象にした新規求人倍率は前の月より0・15ポイント上がって1・44倍でした。

和歌山労働局によりますと県内の雇用情勢は持ち直しの動きもみられるものの依然として厳しい状況にあるとしています。

全国の有効求人倍率は0・95倍で前の月より0・01ポイント上がり、近畿の有効求人倍率も0・01ポイント上がって0・90倍でした。