【スポーツ祭東京】東京国体7日目  ウエイトリフティングで入賞相次ぐ(午後6時現在)

2013年10月04日 19時37分 ニュース, 社会

東京で開かれている第68回国民体育大会はきょう(10/4)7日目を迎え、ウエイトリフティング競技で入賞が相次ぎました。

和歌山県教育庁の白草竜太(しらくさ・りゅうた)選手は、ウエイトリフティングの成年男子・77キロ級のスナッチで131キロをあげて3位に入賞し、クリーン・アンド・ジャークでも165キロをあげて3位に入賞しました。

また、成年男子・94キロ級のスナッチで那賀高校教員の川端源太(かわばた・げんた)選手が143キロをあげて3位に入賞しました。

このほか、県教育庁の武市樹(たけいち・いつき)選手が成年男子85キロ級で、クリーン・アンド・ジャークで166キロをあげて4位、スナッチで131キロをあげて6位にそれぞれ入賞しました。