ココイチ「紀州うめどりカレー」販売中

2013年10月10日 18時54分 ニュース, 社会, 経済

大手カレー外食チェーンの「カレーハウスCoCo壱番屋」は、プレミア和歌山にも認定された特産品・紀州うめどりの唐揚げとタルタルソースを乗せた「紀州うめどりカレー」を、和歌山県内の全店舗と大阪・泉南市(せんなんし)にある1店舗のあわせて10店舗で限定販売しています。

カレーには、紀州うめどりのムネ肉で作った唐揚げに照り焼きソースをかけたものを、キャベツとともにご飯の上に盛りつけられています。

また「チキン南蛮」の要領でタルタルソースがかかった豪華なトッピングも用意されています。

価格は税込みで830円です。

全国展開しているCoCo壱番屋では、カツカレーやフライドチキンカレーといった一律のメニューのほかに、それぞれの地域の食材を使ったご当地カレーの提供も行っていて、和歌山県内では、県・畜産課の協力で、これまでにイノブタカレーや熊野牛コロッケカレー、鹿カレーといったご当地カレーを毎年期間限定で販売してきました。

県・畜産課では「いつもとはひと味違う紀州うめどりカレーを是非味わって欲しい」と話しています。

「紀州うめどりカレー」は、今月(10月)1日から、CoCo壱番屋の和歌山県内・全9店舗と、大阪府の泉南男里(せんなんおのさと)店の1店舗で限定販売されています。