関西広域連合「リニア新幹線・大阪まで同時開業を」

2013年10月24日 20時13分 ニュース, 交通, 政治, 社会, 経済

関西広域連合は、きょう(24日)、大阪市内で委員会を開き、2027年に東京・名古屋間の開業を目指すJR東海のリニア中央新幹線について、大阪まで同時開業するよう、近く政府に要請することを決めました。

JR東海は、東京・名古屋間を2027年にひとまず開業させ、その18年後の2045年に大阪まで延伸すると計画しています。

要請案では、国土交通省の政策審議会の小委員会が「東京・大阪間を直結して初めて機能を十分に発揮し、効果を得られる事業だ」と指摘している点に着目し、国家プロジェクトとして、大阪までの乗り入れを推進することを求めています。

閉会後記者会見した、関西広域連合・副連合長で和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事は「名古屋で止めないで欲しいというのがオール関西の願いだ」と述べました。