県がタカショーを男女共同参画推進事業者に登録(写真付)

2013年11月12日 17時48分 ニュース, 社会, 経済

海南市に本社がある株式会社タカショーは、育児・介護休業制度の整備や父親の休暇取得を促進したとして、和歌山県から新たに「男女共同参画推進事業者」に登録され、きょう(12日)午後、海南市で交付式が行われました。

登録証を受け取ったタカショーの公文取締役(右)と中平部長

登録証を受け取ったタカショーの公文取締役(右)と中平部長

県は平成17年から、男女が共に安心して生き生きと働くことができる職場環境づくりに取り組んでいる事業者を「男女共同参画推進事業者」として登録しています。

きょう午後1時から、海南市南赤坂のタカショーで行われた交付式で、海草振興局地域振興部の中平博(なかひら・ひろし)部長からタカショーの公門浩(くもん・ひろし)取締役に登録証が手渡されました。

登録証を手渡される様子

登録証を手渡される様子

交付式で公文取締役は「女性の育児休業の取得を評価してもらい、感謝しています。女性だけでなく、男性にとっても働きやすい職場づくりを目指し、最終的に会社で働く人が幸せになれるよう取り組みたいです。」と話しました。

男女共同参画推進事業者に登録される県内の事業者は51社目で、海草エリアでは3社目です。