和歌山マスターズクラブ主催講演会開催(写真付き)

2013年11月15日 15時57分 ニュース, 社会

中高齢者にスポーツの魅力を広めようと、県内の競技団体が集まり結成した「和歌山マスターズクラブ」が、このほど和歌山市秋月(あきづき)の慶風高校和歌山支援センターで、運動前後の体のケアに関する講演会を開きました。

和歌山マスターズクラブ講演会開催

和歌山マスターズクラブ講演会開催

講演会では、理学療法士の風神真也(かぜかみ・しんや)さんが、和歌山マスターズクラブのメンバーで、陸上やソフトテニスなど取り組む中高齢のアスリートや、慶風高校の野球部員ら40人に、運動前後の体のケアのポイントを伝えました。

参加者は、タオルを使って足首を上に持ち上げるストレッチなどを体験し、息をとめずにリラックスした状態で行うなどポイントを確認していました。

和歌山マスターズクラブは、おととし(2011年)10月に、和歌山マスターズ陸上競技連盟や県水泳連盟などが参加して発足した団体で、「マスターズ賞」の授与や、元気に競技を続けるための講演会を開催しています。