和歌山市の大橋市長・市長選不出馬正式表明(写真付)

2013年11月18日 18時56分 ニュース, 政治

和歌山市の大橋建一(おおはし・けんいち)市長は、きょう(18日)緊急の記者会見を開き、来年(2014年)夏に行われる次の市長選挙に出馬しない意向を改めて表明しました。

次期市長選挙不出馬を表明した大橋市長

次期市長選挙不出馬を表明した大橋市長

きょう午前11時半から市役所で行われた記者会見で、大橋市長は不出馬の理由について「立候補の時に考えていたことを果たすことができたこと」「多選することの弊害」「3期目の任期中に有力な支援者が3人亡くなったこと」を挙げました。

不出馬を考えた時期について大橋市長は「去年夏に有地正博(ありち・まさひろ)特別秘書が亡くなって以来、迷い続けていた。体制が整うのか考えた末、ことし(2013年)の夏ごろに辞め時だと考えるようになった」と話し、このタイミングでの不出馬表明については「予算編成への影響を考え、このタイミングがギリギリだと思った」と話しました。

また、後継指名については「50歳代以下で3選できるくらいの人に市長に就いてもらうことが理想だが、自分から指名するのはおこがましい」として、後継指名はしない意向を示しました。

来年夏に行われる和歌山市長選挙には現役の市議会議員や元県議会議員などが出馬に向けた動きを見せています。