国体・物資提供企業と募金協力企業に感謝状

2013年11月18日 18時53分 ニュース, 政治, 社会, 経済

再来年(2015年)の紀の国わかやま国体で、物資などを提供するオフィシャルサプライヤーに県内企業2社が、 また、国体県民運動などに役立てられる「きいちゃん募金」に100万円以上の寄付を行った県内企業2社が新たに加わり、きょう(18日)午後、仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事からそれぞれの代表者に感謝状と記念品が手渡されました。

このたびオフィシャルサプライヤーに加わったのは、和歌山市に本社があり、ガソリンスタンドなどを展開する株式会社酒直(さかなお)と、有田市(ありだし)の養殖うなぎ販売業・川口(かわぐち)水産株式会社です。

酒直はレギュラーガソリン、川口水産は花いっぱい運動用プランターを、それぞれ国体実行委員会に提供します。

一方、きいちゃん募金に100万円以上寄付したのは、有田市の株式会社保田組(やすだぐみ)と、 那智勝浦町(なちかつうらちょう)の井筒(いづつ)建設株式会社の いずれも建設業2社です。

きょう午後1時半すぎ、県庁の知事室で贈呈式が開かれ、4社の代表から仁坂知事に目録が贈呈されたのに対し、仁坂知事からは感謝状と、国体マスコットキャラクター「きいちゃん」のぬいぐるみなどが手渡されました。

仁坂知事は「いまは選手の一層の強化に努めている。 皆さんの協力を役立てたい」とお礼を述べました。

国体実行委員会では、引き続き国体開催の運営費用や 県民運動、ボランティア活動に役立てられる「きいちゃん募金」に広く協力を求めています。