高野町・木瀬町長の実父死去

2013年11月20日 19時08分 ニュース, 政治, 社会

高野町の木瀬武治(きせ・たけじ)町長の父親の木瀬健一(けんいち)さんが、 肺炎のため、昨夜(19日)6時33分、橋本市内の病院で亡くなりました。82歳でした。

木瀬健一さんは、1983年、昭和58年4月から4期12年にわたって高野町議会議員を務め、1993年から95年まで副議長も務めました。

通夜はあす(21日)午後7時から、告別式はあさって(22日)午後1時から、いずれも高野町高野山(こうやさん)611の無量光院(むりょうこういん)で営まれます。

喪主は長男で高野町長の武治さんです。 なお香典や花は辞退するとのことです。