和歌山ラーメンタクシーに「半玉ラーメン味めぐり」登場

2013年11月23日 18時39分 ニュース, 交通, 社会, 経済

和歌山市と市内のタクシー会社が、和歌山ラーメンの名店とタイアップして行っている「和歌山ラーメンタクシー」事業で、来月(12月)1日から、利用者が食べ歩きをしやすいよう、通常の半分の量のラーメンを提供する「半玉ラーメン味めぐり」プランが加わります。

これは、ラーメンタクシーの運転手や利用者から「タクシーで3つの店舗をめぐる半玉ラーメンのプランを作って欲しい」という要望に応えたものです。

「半玉ラーメン味めぐり」プランは、和歌山市内11のラーメン店のうち、3店舗を順にめぐって、それぞれの店のオリジナルラーメンの「半玉」サイズをはしごして味わえる内容です。コースは「濃厚スープの店」や「こだわりのオリジナルスープの店」「夜のおすすめコース」など、4つのコースが設定されています。なお半玉サイズのラーメンは「半玉ラーメン味めぐり」の利用者だけの限定メニューです。

和歌山市の大橋建一(おおはし・けんいち)市長は「ラーメンが美味しく味わえる和歌山市の発信につなげたい」と話しています。

また和歌山市は、現在93人登録されているラーメンタクシーの運転手のうち、さらに講習を受け洗練された9人を「黒帯ドライバー」として認定し、今月29日の午前11時に、和歌山市役所で大橋市長から認定証が交付されます。引き続き午前11時半に、市役所本庁舎前ひろばで、半玉ラーメン味めぐりの開始セレモニーが行われます。