公衆衛生に関する各種表彰(写真付き)

2013年11月26日 18時58分 ニュース, 政治, 社会

食品や医療など県民の衛生に深く関わり、功績のあった団体や個人への表彰式が、きょう(26日)午前、和歌山市のホテル「アバローム紀の国」で開かれました。

仁坂知事(右)から表彰される受賞者(11月26日・アバローム紀の国にて)

仁坂知事(右)から表彰される受賞者(11月26日・アバローム紀の国にて)

これは、食品や清掃、医療・保健など、県民の衛生に関わる県内の団体や個人のうち、模範となる取り組みを行っているところを和歌山県が表彰するものです。

このうち生活衛生・食品衛生模範施設には、和歌山市の理容室や美容室、有田市(ありだし)や那智勝浦町(なちかつうらちょう)の温泉旅館など7つの事業所が選ばれ知事賞を受けたほか、保健衛生功労には、医師や歯科技工士、母子保健推進員など21人と2つの団体が選ばれました。

また薬事衛生功労には、薬剤師や医薬品の登録販売者など8人、そして生活衛生功労には飲食店や理容業、旅館業者など7人が選ばれ、仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事から表彰されました。

表彰式で、仁坂知事は「皆さんの誠実な努力のおかげで我々の健康が守られています」とあいさつしました。

あいさつする中村和子さん(11月26日・アバローム紀の国にて)

あいさつする中村和子さん(11月26日・アバローム紀の国にて)

これに対して、受賞者を代表し、生活衛生功労者に選ばれた、和歌山市の旅館業・中村和子(なかむら・かずこ)さんが「県民の公衆衛生の更なる向上のため、今後一層精進します」と感謝の言葉を述べました。