橋本市・木下市長が次期市長選不出馬表明

2013年12月03日 18時28分 ニュース, 政治

橋本市の木下善之(きのした・よしゆき)市長78歳が、来年(2014年)3月に予定されている次の市長選挙に出馬しない考えを表明しました。

これは、きのう(2日)開いた臨時の記者会見で木下市長が表明したもので、不出馬の理由について「体力的な限界」と説明しました。

木下市長は、市議会議員や県議会議員を経て、2005年(平成17年)の旧・橋本市長選挙で初当選し、翌年(2006年)旧・高野口町と合併後の新・橋本市長選挙では無投票当選しました。

そして、3年前(2010年)の市長選挙で再選を果たし、現在3期目です。

木下市長は、在職中、経済対策や、隣接する大阪・河内長野市とを結ぶ国道371号バイパスの整備促進などに取り組んできました。

木下市長の任期は来年4月1日までです。

橋本市長選挙は来年3月9日告示、16日投票で即日開票される予定です。