由良町の海岸に一部白骨化した死体

2013年12月15日 14時14分 ニュース, 事件・事故・裁判

きょう(15日)午前、由良町の海岸で、下半身が白骨化した死体が見つかりました。

きょう午前9時半ごろ、由良町小引(こびき)の小引漁港の南西およそ200メートルの海岸で、釣り人が、岩場に打ち上げられている一部白骨化した死体のようなものを見つけ、110番しました。

御坊警察署の調べによりますと、見つかったのは、下半身が白骨化した男性とみられる死体で、紫色などのTシャツとモスグリーンのパーカーを身につけ、所持品などはありませんでした。

警察では、司法解剖して、死因などを詳しく調べるとともに、身元の確認を進めています。