高野龍神スカイラインなど冬期規制始まる(写真付)

2013年12月15日 16時17分 ニュース, 交通, 防災

国道371号高野龍神スカイラインは、積雪や凍結のため、きょう(15日)から来年(2014年)3月まで、すべての車両が夜間通行止めに、また、二輪車は、終日通行止めとなっています。

規制を告げる看板(高野龍神スカイライン)

規制を告げる看板(高野龍神スカイライン)

和歌山県では、路面の凍結や積雪、落石などのおそれがある山岳道路(さんがくどうろ)について、きょうから来年3月までの間、通行止めやチェーン規制などを行います。

このうち、高野町高野山と田辺市龍神村龍神を結ぶ国道371号高野龍神スカイラインは、42・7キロの全線で、きょうから来年3月25日まで、全ての車両が午後5時から翌朝7時までの夜間は全面通行止めとなり、二輪車は終日通行止め、二輪車以外も日中はチェーン規制となります。

国道425号は、田辺市龍神村小又川(こまたがわ)から奈良県境までの12キロは、きょうから、来年3月末まで、全ての車両が終日通行止めとなります。

このほか、国道371号の橋本市向副(むかそい)からかつらぎ町花園中南(はなぞのなかみなみ)の35・6キロの区間や国道370号の紀美野町福井(ふくい)から伊都郡との郡境まで25・6キロなど、35路線38区間で、きょうから来年3月末まで、チェーン規制となります。

詳しい情報は、和歌山県道路局や日本道路交通情報センターのホームページで確認できるようになっています。