トライアンズ 第3ピリオドまでリードも逆転負け

2013年12月15日 17時50分 ニュース

プロバスケットボール男子の国内トップリーグ、NBL(ナショナルバスケットボールリーグ)の和歌山トライアンズは、きょう(15日)、アウェーの東京・大田区(おおたく)総合体育館で、日立サンロッカーズ東京と対戦し、逆転負けしました。

トライアンズは、第3ピリオドまでに、14点をリードしましたが、最終の第4ピリオドで、相手の猛攻にあい、75対79で逆転負けしました。

きのう(14日)は、千葉県・船橋市の船橋アリーナで、千葉ジェッツを接戦の末、90対87で下しており、連勝を狙いましたが、なりませんでした。

次節は、今月(12月)21日と22日のともに午後1時から、和歌山市梅原(うめはら)のノーリツアリーナ和歌山で、トヨタ自動車アルバルク東京と対戦します。