女子ボクシングチャンピオン・真道ゴー選手が練習公開 初防衛戦を前に(写真付)

2013年12月17日 18時42分 ニュース, 社会

今月(12月)22日にWBC女子世界フライ級の初防衛戦に挑む和歌山市在住の女子ボクシングチャンピオン真道(しんどう)ゴー選手の公開練習が、きょう(17日)午後、和歌山市のボクシングジムで行われ、真道選手は軽快なフットワークを披露して調子の良さを伺わせていました。

公開練習に臨む真道ゴー選手(12月17日 クラトキボクシングジムにて)

公開練習に臨む真道ゴー選手(12月17日 クラトキボクシングジムにて)

きょう(17日)午後2時から和歌山市園部のクラトキボクシングジムで行われた公開練習では、縄跳びやシャドーボクシング、ミット打ちをおよそ1時間行い、軽快なステップと切れ味のあるパンチを披露しました。

真道選手は「自分のボクシングを見たいと思ってもらえるような試合をしようと日々、練習しています。和歌山の皆さんにはぜひ、試合に足を運んでもらい、一緒に和歌山を盛り上げていきたいです。」と試合への意気込みを話していました。

試合は今月22日の午後0時半から和歌山市手平の和歌山ビッグウェーブで行われ、メキシコ人のWBCフライ級8位、フディス・ロドリゲス選手と初防衛をかけて戦います。